じょいんふぉノート
美容

スチーマーが肌に悪いってホント!?赤みが出た時の原因と対処法は?

こんにちは、JOYです。

今日も、毎日がちょっぴり楽しくなるインフォメーションをしていきますね♪

 

本日は、こちらの記事でもご紹介した美容スチーマーについてです。

 

スチーマーにミネラルウォーターはNG?精製水を使う理由は?いつまでもキレイでいたいと願う女性に大人気の美容ホームケア機器といえば、 スチーマーですよね! 家電ショップでも、有名メーカ...

 

水を入れて蒸気を顔にあてるだけで美肌効果が期待できるスチーマーですが、

使い方など調べていると、「スチーマーは肌に悪い」という噂も見かけるんですよね。。

美容グッズのはずなのになぜ!?

と不思議に思った方も多いのではないかと思います。

 

キレイになるために使っているスチーマーが肌に悪いかもしれないなんて、

とても不安になってしまいますよね。

 

そんなわけで今回は、

スチーマーが肌に悪いという噂は本当なのか?

スチーマーを使って肌に赤みが出てしまったときの原因や対策などについてお伝えしていきたいと思います!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スチーマーが肌に悪いって本当!?間違った使い方は肌トラブルの原因に!

スチーマーの効果といえば

  • 肌の水分量をアップする
  • 肌のうるおいを保つ
  • メイクのりをよくする
  • 毛穴を開いてディープクレンジングができる
  • 毛穴を引き締める(冷スチーム搭載のもの)

などが挙げられます。

どこのメーカーのスチーマーでもほぼ同じですよね。

しかし、これらの効果が得られるのは

正しい使い方をしたときだけ

です!

 

つまり、スチーマーの間違った使い方をしてしまうと

これらの効果を得られないばかりか、

逆に肌荒れの原因になってしまうこともあるんです!

 

どんな肌トラブルが起こるかというと・・・

  • 乾燥
  • 赤み
  • 痒み
  • ニキビ

などなど!( ;∀;)

 

せっかくキレイになるために買った美容機器が

使い方によって逆効果になるなんて悲しいですよね。。

 

特にスチーマーを使っている方の意見で見かけるのが

「肌の赤み・痒み」

です。

 

一体なぜスチーマーの使用でこのような肌トラブルが起こってしまうのでしょうか?

その原因と対策について詳しく見ていきましょう!

 

スチーマー使用後の肌に赤みや痒みが!原因と対処法は!?

肌の赤みや痒みが出る原因とは

スチーマーを使ったあとに肌に赤みや痒みが出てしまう場合、

原因はいくつか挙げられます。

  1. スチーマーと顔の距離が近すぎる
  2. スチーマーを当てる時間が長すぎる
  3. スチーマーの熱で顔に汗をかいている
  4. 肌が薄い敏感肌である
  5. スチーマーを使う頻度が多すぎる

 

以上が、肌に赤みや痒みが出てしまう主な原因です。

 

まず①ですが、

スチーマーからは高温の蒸気が発生しているため

スチーマー本体と顔との距離は2~30cmくらい離して使わないと

顔を火傷してしまう可能性があります。

また、お風呂上りなど体温が上がっているときは熱を感じにくいので、

スチームが当たっている感覚が薄れて、顔を近づけたくなってしまうこともありますが

これは逆効果です。

 

私もお風呂上りにスマホを操作しながらスチーマーを使っていて、

知らないうちに距離がかなり近づいてしまっていたことがあります。。。

ながらスマホには気を付けないとですね!!

 

次に②ですが

スチーマーの当てすぎは、顔に熱を与え続けていることになるので

どうしてもほてりやすく、赤みが出てしまうことがあります。

大体どこのメーカーの機器でも「〇分コース」といったように

スチームの発生する時間が決まっていて自然と止まるようになっていると思いますので

それ以上の時間、続けてスチーマーを当てるのはやめましょう。

 

③は、

温スチームの熱で顔に汗をかいてそのままの状態にしたり、

汗を拭きとらずにスキンケアをしてしまい痒みが出てしまう、というものです。

スチームを浴びれば当然顔に水滴などが付きますが

夏場や梅雨の湿気が多い時期などは、汗が一緒に出ている可能性もあります。

汗をかいたままスキンケアをしてしまっては、

せっかくのスチーマーの効果が薄れてしまいますので

しっかり汗と水滴を拭きとってからしっかりとスキンケアをしましょう。

 

④・⑤は、

肌が薄く、敏感肌という自覚がある人は

スチーマーを毎日使用すると、肌がびっくりして荒れてしまう原因になります。

敏感肌の人は少しの熱でも肌に赤みが出やすいので、

肌状態を確かめながら、自分に合った頻度でスチーマーを使用しましょう。

 

敏感肌以外の人もそうですが、

初めてスチーマーを使うという場合には、少しずつ肌に慣らしていくために、

スチーマーの使用は週2~3回にした方がいいですね。

 

肌の赤みや痒みが出たときの対処法は?

このようにスチーマーを使用して肌に赤みや痒みが出てしまった時に

対処法として行なってほしいことがあります。

それは、

  • 汗をかいている場合は、冷たい水で流す
  • 清潔なタオル、ティッシュ等で水滴を拭う
  • 保冷剤をあてて肌のほてりを冷ます

という方法です。

 

赤みだけが出ているときは、保冷剤で冷やすだけでもOKです。

また、冷スチーム機能がついているものを使っている場合は、

温スチームのあとに冷たいスチームでほてりを冷まして肌をひきしめましょう。

また、冷蔵庫などで冷やしておいた化粧水をスプレーするという手もあります。

 

それでも赤みや痒みが収まらない場合は

できるだけ早く皮膚科を受診してくださいね。

 

赤みや痒みが引いたら、スチーマーの使い方をいま一度見直してみてください。

スチーマーと顔との距離をもう少し離してみる、

既存のコースよりもスチームに当たる時間を短めにするなど

肌タイプや肌の状態は人それぞれなので、

色々試してみると、こうすれば赤みが出ない!という使い方が出てくると思いますよ!

 

もちろん使う前に説明書を読むのは大前提ですが、

いま一度スチーマーの正しい使い方を見直しておきましょう!

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥11,800
(2021/10/18 18:04:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

スチーマーを正しく使ってキレイになろう!

今回は、スチーマーが肌に悪いという噂の真相や、

スチーマーを使って肌に赤みや痒みが出てしまう時の原因と対策についてお伝えしてきました。

 

本来は美容効果の高いスチーマーも、

間違った使い方をしてしまうと肌トラブルの原因になってしまうんです。

自分が間違った使い方をしていた!と心当たりがあった方は

ぜひもう一度正しい使い方を見直してみましょう。

肌トラブルが起きてしまったときは、すぐにできる対処法も試してみてくださいね。

 

スチーマーの効果を100%得るためには、

しっかりと正しい使い方をマスターすることです。

正確な使用方法は説明書に書いてありますが、

自分の肌タイプや肌状態を見極めて、自分に合った使い方を知ることも重要ですね。

美は一日にしてならず。一歩ずつキレイを磨いていきましょう!(^^)/

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました♪